栄養士ブログをご覧の皆さん、こんにちは。営業企画部の管理栄養士・平岩です。

いよいよ9月に突入しました。夏休みが終わり、外ではランドセルや学生服姿を多く見かけます。

今回は、去る8月26日(金)に福岡にて開催された(公社)日本メディカル給食協会主催、厚生労働省等後援の

「第12回治療食等献立・調理技術コンテスト」に参加した様子についてご紹介します。

 

下写真 会場となった中村学園大学・・九州の名門管理栄養士養成校です

中村学園大学

 

 

 

 

 

当社は、エネルギーコントロール食をテーマとした治療食部門に出場し「日本医師会会長賞」を見事受賞しました。

この賞は出場10チーム中、3位に相当する賞です!

治療食コンテスト表彰

 

 

 

 

 

 

上写真 表彰式での喜び一杯の選手

 

昨年秋のコンテストの応募開始をスタートに、まずはメニュー作成に取り掛かりました。過去のコンテスト出場経験者にも協力を依頼し、検討と試作を重ねました。

出場選手は、当社で毎年開催している社内料理コンテスト出場経験者から、調理技術やリーダーシップの能力に長けた社員4名を選出しました。

勤務が終了した後、休日返上でのトレーニングは、6月~8月の間で合計9回行いました。

治療食トレーニング

 

 

 

 

「食品や調理器具の衛生的な取扱い」、「美味しい料理を作りあげる」だけでなく、限られたスペースと時間の中で作業を行うという、コンテスト独特の制限に大変苦労しました。

「疲れた時こそ、他に負けないくらい声を出そう」を合言葉に、チームワークにもこだわりました。

本番前の意気込みインタビューの様子です。緊張で凝り固まった身体をなんとか解きほぐそうと、皆で考えたポーズでが、少しぎこちないですね。

Q1 メンバーは何のポーズをしているでしょう?

治療食ポーズ

 

 

 

 

A:陸上のウサイン・ボルト選手です!笑

競技中の様子です。よく見ると、汗で帽子の色が変わっちゃっています。

泣いても笑っても「一発勝負」で、別室からモニター越しに応援する同行者も緊張してしまいます。

治療食競技中①

 

 

 

 

 

Q2:最終仕上げを担当したリーダーの渡邊さんは4階にある調理室から、1階の展示室までの道のりを

何往復したでしょうか。

治療食展示室

 

 

 

 

 

A:5往復です。帰ったら「ヒラメ筋」が筋肉痛でした・・・

プレゼンは管理栄養士・加藤さんが担当しました。持ち前の「強心臓」でメニューコンセプト等を堂々と発表してくれました。

治療食プレゼン

 

 

 

 

 

料理の写真です。

まず朝食です。

バケット~小倉添え~・野菜ロール(生春巻きです)の黄身酢ソース・カラフルゼリー寄せ・ゴーヤのポタージュ

治療食朝食

 

 

 

 

 

続いて昼食です。

三種の俵おにぎり・鮭のけんちん焼き・台湾まぜそば風サラダ・夏野菜の冷やし鉢・コーヒーくずきり

治療食昼食

 

 

 

 

 

最後に夕食です。

こんにゃくごはん・鶏肉のやわらかソテー~フルーツソース~・もずくのすまし仕立て・蓮蒸し・えのきの擦り流し

治療食夕食

 

 

 

 

 

競技終了後は「すべてを出し切った。」という安堵の表情が印象的です。

治療食終了後

 

 

 

 

 

「あとは美味しいビールを飲むだけ。」いやいや「待ちに待った結果発表。」表彰式会場へ移動し、感動の結果発表・表彰式となりました。

コンテスト出場をきっかけに、初めて仕事を一緒にするメンバーばかりでした。結果もさることながら、かけがえのない仲間と、この夏一番の思い出が出来ました。

メンバー一同この経験を糧に、自分自身の更なる研鑽と、後輩の育成に励みます。