皆さん、こんにちは。メーキュー株式会社営業企画部長の山本と申します。

今回、私が8月27日~31日までインドネシアに出張してきましので、その様子をレポートさせて

いただきます。(栄養士ブログという名称にも関わらず、私は栄養士ではありませんがご容赦ください)

残念ながら中部国際空港からの直行便がないため、今回は関空からガルーダインドネシア航空に乗り

約7時間のフライトでスカルノ・ハッタ国際空港に到着しました。

ジャカルタ市内

 

 

 

 

 

 

インドネシアの首都であるジャカルタ市内は高層ビルが立ち並び、成長著しい大都会の様相です。

公道を走行している自動車は、トヨタ車を始めとしてほとんどが日本車で、日本企業の凄さを

垣間見ました。また、地下鉄等の交通インフラが整っていないため、市内を始め交通渋滞はすさまじく

時間には相当余裕をもって行動することが求められます。

 

さて、今回の出張では多くの日本食レストラン・スーパーマーケット・ショッピングモールを

視察しました。

イオンモールIMG_5975

 

 

 

 

 

 

 

 

インドネシアはショッピングモールが数多くあり、各所賑わっていましたが、日本ではおなじみの

イオンモールも近年進出していました。(国内より巨大です)

あらゆる食材が豊富に取り揃えてありましたが、日本の調味料等は輸入に頼ることもあり、割高でした。

大戸屋一風堂

 

 

 

 

 

 

 

また、「大戸屋」や「一風堂」など多くの日本食チェーン店が進出しており

日本で言うところの「百貨店内のレストラン街」のような場所に日本食レストランが

数多く出店しており、日本食ブームを実感しました。

 

日系企業の進出が多いため駐在される日本人の方も多く、元々、親日国でもあるため

日本食が受け入れ易かったのでしょうか。

日本人がきちんと経営されているレストランもあれば、華僑系の方が経営されている店、

さらには、現地ローカルの方が経営されている店と様々で、1,000を超える日本食(ラーメン等も含む)

レストランがひしめきあっているようです。

そのため、寿司・天ぷら・うどん・そば・焼き鳥等、基本的には何でもありましたが

味に関しては、店によってクオリティーの差はあるように感じました。

 

後編では今回の出張の主な目的である日本人向けのケータリングビジネスの可能性について

ご報告します。 ~後編へ続く~