こんちには!営業企画部の西川です。

近年、食生活の変容に伴い「高齢者の肉嗜好」が高まっています。

当社の受託施設においても「肉メニューの提供を増やして欲しい」、中には

「ステーキが食べたい」という意見もあるほどです。

喫食者の嗜好のみならず、貴重なたんぱく源として食べていただきたい反面

部位や調理法によっては、固い、パサつくといった高齢者には食べ辛いもの

になってしまいます。

そこで「高齢者にも食べやすい肉メニュー」の試作・検討を行いました。

 

1品目『豚肉と杏子の紅茶煮』です。

福祉向け肉メニュー①

 

 

 

 

 

 

ポイントは、煮出した紅茶で豚肉を煮ることです。紅茶のタンニンの作用で、豚肉を

柔らかく、サッパリと仕上がります。

 

2品目『やわらかあんかけ松風』です。

福祉向け肉メニュー②

 

 

 

 

 

 

長芋とはんぺんをフードカッターにかけたものを加えることで、シットリ・ふわふわな食感に

仕上がります。和風あんをかけることによりパサつき感もなく、高齢者にも食べやすくなります。

 

3品目『高野豆腐の肉巻き角煮風』です。

福祉向け肉メニュー③

 

 

 

 

 

 

高野豆腐に、薄切りの豚バラ肉を巻いて煮ます。豚の角煮のような肉塊では食べ辛い高齢者の方でも

食べやすく、たんぱく質は豊富でありながらカロリーも抑えられる角煮のアレンジメニューです。

 

実は、このメニューの原案は、社内栄養士からの公募「メニュープランニング」で提案のあったものです。

社内において広く提案できるメニュー(レシピ)とするため、試作・検討を実施しました。

冬以降には高齢者施設等での提供を予定しています。

 

次回のブログもお楽しみに☆