メーキュー栄養士ブログをご覧の皆様、こんにちは。

営業企画部の管理栄養士・平岩です。

 

11月21日(月)に「高齢者向け嚥下食について」の社内研修を開催しました。

嚥下食①

 

 

 

 

 

当社が受託する事業所のうち、高齢者施設は約3割です。利用される高齢者の中には、

身体機能の衰えから、摂食・嚥下障害が生じてしまう方がみえます。

  ・咀嚼(食べ物を噛みくだくこと)が出来ない。

  ・食べ物、飲み物が飲み込みにくく、むせてしまう。

といった症状が発生することで、食事の量が減ってしまいます。更には、低栄養状態や身体

機能低下につながりかねません。

摂食・嚥下障害を含めた高齢者の身体状況について、また、それに留意した食事についての

知識と、技術を学ぶ機会として昨年に引き続き開催しました。

 

嚥下食②

 

 

 

 

 

液体(お茶やお味噌汁)には、専用の増粘剤を使用してトロミを付けた状態(あんかけ料理の

「あん」のような状態です)でないと飲み込みが上手くいかない方もみえます。

食介助の疑似体験を行い、飲み込みのしにくい状態を体感しました。

食事の姿勢によっては、健常者でも飲み込めない・むせるといった状態になります。

 

嚥下食③嚥下食④
 

 

 

 

 

 

料理(食材)をフードカッターやミキサーで粉砕し、専用の凝固剤で固めた状態(ゼリーやムース

のような状態)の食事を必要とする方もみえます。

凝固剤の分量や、加工手順が少し違うだけで、固まりが弱い、粒が残るといった、高齢者にとって食べ難い

状態になってしまいます。

嚥下食⑤

 

 

 

 

 

日々、食事提供をさせていただく上で「食事に髪の毛が!!!」のような異物混入だけでなく、誤配膳や

食中毒といった事故のリスクは拭いきれません。

安心・安全な食事提供を継続するため、それらのリスクにどう対応するかも学習しました。

高齢者施設においてはこのように安全な食事提供がかかせません。

私たちは、今後も社内研修を定期的に開催し、知識・技術の向上に努めていかなければ、と再認識しました。

 

先週は、東京においては50年以上ぶりとなる11月中の初雪を観測するなど、グッと冷え込んだ週となりました。

そして、今週は寒さに加え、何かと慌しい師走に突入します。栄養と休養を十分とり、元気にお過ごし下さい。

 

次週のブログもお楽しみに♪